中古トラックを上手に活用しよう!

MENU

中古トラックの車検を安くする方法を知ろう!

中古トラックを購入した方、これからされる方、さまざまな方がおられると思います。
しかし、中古トラックを購入したであれば、
必ず支払わなければならいものがあります。
それが、車検です。

 

車検を徹底しておくことは、
公道を走るトラックの運転手として基本中の基本です。
しかし、必ずかかってしまう費用であることから、
出来る限り安くしたいという心情になるのは当然です。
ここでは、中古トラックの車検を少しでも安くする方法をいくつか紹介していきます。

 

●格安ならユーザー車検
通常、業者などに車検を頼むのが一般的ですが、
ユーザー車検という方法があります。
自らの力で車検を点検するわけですから、
手間や労力、知識も重要視されます。
ただ、その苦労に見合う分の割安度はあります。

 

大型トラックであれば、10万円は車検代を安くすることすら可能です。
トラックへの知識も深まりますし、挑戦は長い目で見たら得なのかもしれません。

 

 

●一括見積もりを複数社へ!
中古トラックの車検を頼まれる時、
顔なじみの販売店に頼まれる方が少なくありません。
しかし、今はインターネットでさまざまな業者を探せる時代。
自らの車種の詳細を一括見積もりサイトに記入し、
一番格安なところを探すのです。
ただ、各業者さまざまな条件があるので、
数社に絞っていき、最終的な車検業者を見つけるのが良いでしょう。
もしくは、中古トラックを購入したときのお店に、評判のよい車検場について聞いてみるといいかもしれません。多くのトラックユーザーと毎日接していますから、情報を持っているはずです。

 

 

●値引き交渉
かなりクラシックな方法ですが、
やはり車検業者に直接相談に行き、
値引きや補修項目を減らすという方法も手段です。
これから、どんどんネットが発達していき、
顔を合わせて頼むことが減っていくでしょう。
メールなどよりも、直接顔を合わせて話しをする。
こういった手段も、車検を安くするひとつの方法となるのです。

中古トラックを安く買うならこの時期が狙い目!

中古トラックを購入したい、と思われている方が一番気になるところが、
どれだけ安く中古トラックを手に入れることができるか、というところではないでしょうか。

 

同じ車種でも、タイミングさをうまく合えば数万円以上の差額で手に入れることができます。
しかし、日本中を歩き回って探すのは非現実的。
実は、比較的中古トラックがタ安くなる時期というのがあるのです。
ここでは、中古トラックが安くなる時期について、紹介していきます。

 

 

●夏場は狙い目
長期休暇を挟む、夏期は中古トラック業界にとっても売上げが下がる時期といわれています。
そのため、どうにかしてこの苦しい時期に売上げをとりたい、という業者が増えているようです。

 

さまざまなイベント行うようですが、やはり目玉は安売りです。
8月のレジャーシーズンは、ただでさえお客様がいない上に、
トラック業界にしても長期休みの影響で現場がストップしている、
動いている業種は忙しく暇が無い、など悪条件が続きます。
この時期を狙う、というのが中古トラックを安く手に入れるコツのひとつでもあるのです。

 

 

●2月や3月は?
逆に、中古トラック市場で難しいと言われるのが、2月や3月です。
その理由は、決算前ということで新車を値下げする業者が増えるからと言われています。
新車の値段が下がり、中古トラックを購入者は下取りに出す。

 

この構図により、中古トラックの在庫が増えてしまいます。
在庫を減らしたい中古車業者は、値段を下げますし、
新車が売れる分焦る必要も無いので値下げをしない業者もいます。
この辺りは、上手に比較検討すべきでしょう。