ディーゼルエンジンの黒煙・白煙の原因と対策について

MENU

ディーゼルエンジンの黒煙・白煙の原因と対策について

中古トラックを使用している方であれば、
ディーゼルエンジンのことについて、無関心ではないはずです。
ディーゼルエンジンといえば、黒煙というイメージがあるでしょうが、
白煙も噴出することがあります。
ここでは、ディーゼルエンジンにより黒煙と白煙の原因・対策についてを紹介します。

 

 

●黒煙の原因と対策
ディーゼルエンジンといえば、黒煙という印象があるかもしれません。
中古トラックにはディーゼル車も多いので、黒煙対策はしっかりと行っておくべきです。

 

まず、黒煙が出る原因の主たるものは不完全燃焼やエアクリーナーの汚れ、
アクセルの踏み入れ過ぎです。
対策としては、エアフィルターのエアクリーナーでの清掃、
ディーゼル微粒子補修フィルターなどをマフラーへ装着させるなど、
これらが良いと言われています。

 

●白煙の原因と対策
まず、ディーゼルエンジンが白煙を吹く原因を見てみましょう。
当然ながら、いくつか可能性があるのですが、
主に考えられるのがオイル下がりやオイル上がりによる影響です。

 

シリンダーヘッド側から燃焼質へエンジンオイルが下がることをオイル下がり、
クランクケースから燃焼質へとエンジンオイルが上がる場合をオイル上がりと呼んでいます。
オイル下がりの場合は、ヘッドカバーを取外し特殊な部品に交換することで対処できるが、
オイル下がりはオーバーホールが必要となり、大変費用がかかります。

 

これは、毎日点検するしかありません。
水の侵入なども白煙に繋がりますが、
こちらは燃焼フィルターの水抜きを定期的に行うことで対策可能です。
面倒ではありますが、
毎日のメンテナンスで中古トラックが長持ちします。
ぜひ、行い続けてください。