特殊な車両は中古トラック市場で人気なのか!?

MENU

特殊な車両は中古トラック市場で人気なのか!?

中古トラックというと、平ボディをはじめとする、
シンプルな2tトラック、軽トラックなど、
一般的なものを想像しがちです。

 

しかし、中古トラック市場は広く、
ミキサー車や高所作業車なども一部に含まれています。
特殊な車両という分類ですが、
一体こういった車両の中古市場はどうなっているのでしょうか。
ここでは、特徴などを踏まえながら解説していきます。

 

●特殊な車両の中古の数は少ない?
まず、ミキサー車とはミキシングドラムが積載されいてるトラックを指します。
道路を作る生コンクートなどを運んでいるような、
作業用に作られたトラックです。
高所作業車などは、高層ビルなどの工事や清掃に使われています。
もちろんこの他にも特殊車両と呼ばれる、
トラックは沢山あり、中古市場でも人気です。
そもそも、通常のトラックのように、
幅広く使えるわけではなく、
専門車両として作られています。

 

そのため、それほど多く市場に出回っていない、というのが事実です。
もちろん、知らない方から見ればその数は多いように見えますが、
需要と供給から見れば少ないようです。

 

●値段は高め
日本でもさまざまな自然災害が増加しており、
その分大規模工事の需要が増えています。
そんな時、さまざまな分野に特化している特殊な車両の需要は上がり、
自然と中古市場での相場が高くなる傾向にあるようです。

 

建設業界で欠かすことができない、
他で対応できないような特殊車両は年々中古市場では人気が高まっているのです。

 

逆に考えると、今の現状で特殊な車両は高価買取のチャンスでもあります。
中古車を扱う業者としては、今割高でも買取したい車種ですので、
結果高価買取となります。
ぜひ、特殊な車両の買取を考えている方は、
検討してみてはいかがでしょうか。